こいのぼり完成

クラスごとに『こいのぼり』を作りました。大きいと思っていた『こいのぼり』を上に揚げると、 おもったより“案外小さい”と気付くかもしれません。そして5月の風に吹かれて泳ぐ『こいのぼり』を見ながら「青い空、きれいだね!」「気持ちいいねー!この風」という何気ないつぶやきが、子ども達の心をちょっと動かすのです。しかし、もしもこのつぶやきがなかったら、きっとそのまま通りすぎてしまうと思います。感じるとは、感じさせられて感じるのではなく、ふと、気付いて、おや?と感じて、それで感じるものではないでしょうか?
お父さん、お母さんの『つぶやき』で子どもの心をちょっと動かしてください。幼稚園でも、そうした『つぶやき』を大切に、感性豊かな子どもに育てていきたいと思っております。

 

カテゴリー: 行事報告 パーマリンク

コメントは停止中です。