ひまわりの種を蒔きました。(年中)

年中の子ども達が一人一粒ずつ、『ひまわりの種』を蒔きました。

種の蒔き方は、幼稚園の植木や花を管理してくださっている園芸の方に教わりました。ひまわりの種を手にすると「(模様が)シマウマみたい!」「ハムスターが食べるやつ!」「これが大きくなるの?」と不思議そうに見つめていました。

 

 

 

土に指で穴をあけて、種を入れた後、「きれいなひまわりが咲きますように・・・}と願いを込めてそっと土をかぶせました。お水は芽が出るまでたっぷりあげることを教わると、「ぼく、わたしが毎日お水をあげる!」とおおはりきり!

 

「あ!ちょっと芽が出てるね。」「昨日より大きくなってる。」「葉っぱに水がついてキラキラしてる~」と毎日変化に気付き、楽しみながら水やりをしています。

ひまわりは7月頃、開花予定です。
子ども達のように明るく、のびのび、元気よく育ちますように・・・

カテゴリー: 行事報告 パーマリンク

コメントは停止中です。