田植え

子ども達にお米や食に関心を持ってもらえるよう、農家の方の協力のもと
「田植え」と「どろんこ遊び」を行いました。

   

どろの冷たい感触に触れ、足を取られながら田んぼに入りました。
カエルやタニシなどの生き物もいて大はしゃぎ!
普段できないどろ遊びを思いきり楽しみました。


 

 

どろ遊びの後はいよいよ田植え体験です。
農家の方から田植えの仕方や一人ひとりに渡される苗が茶碗1杯分のお米に
なることを教わりました。
真剣な表情で話を聞く子ども達・・・

   

 

 

最初は「なかなか立たないな・・・」
という子もいましたが、みんなコツをつかむと上手に植えることができました。
「米」という字は「八十八」と書き、お米が食べられるようになるまでに
88回の手間がかかるという意味もあるそうです。
「早く大きくなってね」「おいしいお米になりますように」と願いを込めたお米。
秋の収穫が楽しみですね。

 

 

 

カテゴリー: 行事報告 パーマリンク

コメントは停止中です。