体操

体操の様子

年少(導入~マットあそび)

年少組は幼稚園に通い始めたばかりで、不安な気持ちも多くあるので、簡単なことから始めて、なるべく多くの年少さんが「体操ってこういうものなんだ」や「からだを動かすの楽しい」など体操の時間に楽しみを見出せるようにしてきました。

 

体操というものを感じて、慣れてくると準備運動で自分で数字を数えながら、ジャンプしたり、体を屈伸したりして、クラスの皆で一緒に身体を動かします。平均台にもチャレンジしました。少し怖がりながらだった子どももいましたが、積極的に挑戦してみる姿が見られました。

 

 

 

続いてはマット運動です。這う動きや転がる動きなど日常ではあまりしない動きを積極的に行うことで、回転感覚や体の連動運動などの移動系運動スキルを養い、身体認識力の向上を目的としています。はじめは動きに慣れてもらうために時間はかかってしまいますが一人ずつ行っています。

 

 

この這う動きや回転する動きは子どもが自分の体を動かし方を理解する身体認識力に寄与します。是非、ご自宅でも実践してください。ご自宅では親子体操がお勧めです。例えば這う動きだと、保護者の方が床に座り、手を床に着けて、お尻を浮かしてトンネルをつくり、そこを子どもにくぐってもらう方法です。いろいろなくぐり方を子どもが考えるようにすると、飽きが来にくく、長く遊べると思います。

コメントは停止中です。