体操

体操の様子

年少(導入~マットあそび)

年少組は幼稚園に通い始めたばかりで、不安な気持ちも多くあるので、簡単なことから始めて、なるべく多くの年少さんが「体操ってこういうものなんだ」や「からだを動かすの楽しい」など体操の時間に楽しみを見出せるようにしてきました。

 

体操というものを感じて、慣れてくると準備運動で自分で数字を数えながら、ジャンプしたり、体を屈伸したりして、クラスの皆で一緒に身体を動かします。平均台にもチャレンジしました。少し怖がりながらだった子どももいましたが、積極的に挑戦してみる姿が見られました。

 

 

 

続いてはマット運動です。這う動きや転がる動きなど日常ではあまりしない動きを積極的に行うことで、回転感覚や体の連動運動などの移動系運動スキルを養い、身体認識力の向上を目的としています。はじめは動きに慣れてもらうために時間はかかってしまいますが一人ずつ行っています。

 

 

この這う動きや回転する動きは子どもが自分の体を動かし方を理解する身体認識力に寄与します。是非、ご自宅でも実践してください。ご自宅では親子体操がお勧めです。例えば這う動きだと、保護者の方が床に座り、手を床に着けて、お尻を浮かしてトンネルをつくり、そこを子どもにくぐってもらう方法です。いろいろなくぐり方を子どもが考えるようにすると、飽きが来にくく、長く遊べると思います。

年中(マット運動)

年少では、何となくでやっていた動きを年中になり、意識的に早く動くことを意識して、体操でマット運動を行いました。マットでいろいろな動物の模倣運動を早い動きで行うことで、慌てて動きが崩れてしまったり、違う動きになってしまったりしますが、何度か繰り返すことで、早い動きの中でもミスなく、マット運動を行うことが出来ました。

でんぐり返しでも、年少とは異なり、形だけではなく、素早く回り、素早く起き上がって次の動きに移ることに重点を置いて、行い、少しずつですが連続ででんぐり返しが行えるようになってきました。

 

 

つぎは、後ろでんぐり返しでは、寝転びながら足を地面に着く動きを取り入れながら、動きを自然に理解できるようにし、そこから勢いをつけて一気に回るようにして、段階的に後ろ回りを指導しました。後ろ回りは、後ろ向きへの回転感覚を鍛えることが出来、鉄棒運動での回転感覚と共通するものです。園の体操でも定期的に行っていきたいと思いますが、ご家庭でも取り入れていただけると良いと思います。

年長(鉄棒運動)

年長児は鉄棒運動を行いました。基本的な空中・回転感覚を身に付けることを目的として、ぶら下がり~振り飛び、鉄棒の上で姿勢を保持する”小鳥”からはじめました。

足抜き回り、尻抜き回りは鉄棒に足を着けずに行い、回転することへの恐怖心や回転時の姿勢を自分で認識し、調整できるように指導しました。そこから、前回りや逆上がりなども行いました。少しずつでも自力で逆上がりができるように補助ベルトなども利用して上がり方を体で理解して行えるように指導しています。逆上がりは、恐怖心を無くし、腕力と脚力が連動することでできるようになるものですので、出来るようになるのに個人差がどうしても生じてしまいがちですが、回数を重ねることが出来るようになる何よりの近道だと思いますので、幼稚園でも意識して行いますが、お子様ができるようになるためにも一日5回で良いのでご家庭でも行ってください。

 

 

コメントは停止中です。