先生紹介

先生からのメッセージ1

豊かな心が育まれるよう、子どもの言葉や発想を大切にしています

日々の保育や様々な行事、友達や周囲の人との関わりを通して豊かな心を育んでほしいと考えています。そのため、子どもたちの言葉や発想を大切に一人一人の心に寄り添った保育に努めています。また "昨日できなかったことが今日できるようになった" など日々の子どもの成長を肌で感じられ、その喜びを共有できることが嬉しく、やりがいを感じています。

先生からのメッセージ2

思いやりのある子、自分らしさを大切にする子になって欲しいと願っています

友達と様々な体験を重ねる中で、人を思いやる気持ちを持てるように、子ども一人ひとりと向き合いながら保育をしています。その中で、より良い方法を見つけ、子どもたちが安心して自分らしさを大切にできるようになってほしいです。
子どもたちの笑顔や元気ある姿が励みとなり、私達も共に成長して働くことにやりがいを感じています。

先生からのメッセージ3

子どもの成長を考えられて保育をすることにやりがいを感じています

体操の時間を利用していろいろな動きを体験することで、子どもたちの普段の遊びの中でもやってみようという範囲が広がっていきます。子どもたちがチャレンジしてみようという気持ちを大切にして保育をしています。
園庭設備では子どもたちにとって運動面や情緒面でどのような環境がふさわしいのかを職員で考えを出し合いながら製作しています。自分達の作った遊具で子どもたちが楽しそうに遊ぶ姿をみると嬉しくなります。

先生からのメッセージ4

自分のことが大好きな子に、自信が持てる子になって欲しいと願っています。

ありのままの自分を認めてもらえる、そう思えることで"少しずつ"自分に自信がついていくと思っています。そのために子どもを信じること、そして結果だけでなく、それまでの過程を認めて褒めることを大切に保育しています。
子どもたちの笑顔に囲まれて、共に成長していけるこの職に誇りを持って働いています。

先生からのメッセージ5

ねらいを持って保育に取り組むことにやりがいを感じています。

当園では、保育者一人ひとりが保育にねらいを持ち、それを保育者全員で共有し合うことで、常に保育の質の向上を目指しています。子どもにとって1日1日が実りあるものとなるよう、ねらいに向かって、どのような声かけや環境構成が必要か、先輩の先生方にも相談しながら考え、実践していくことにやりがいを感じています。

先生からのメッセージ6

子どもたちの笑顔や、日々の成長が励みになっています。

プールや体操、英語やリトミックなど、様々な経験をする中で、自ら考え行動ができるような子になってほしいと、日々考えて保育をしています。
保育をする中で、子どもたちの笑顔や、一日一日の成長が励みとなり、私達も毎日笑顔で、やりがいを感じながら働くことができています。