活動記録一覧

  • 10月8日、10日の第5回ひまわり教室

    2019年11月02日

    先日のひまわり教室の様子をお伝えします。

    だいぶ幼稚園にもひまわり教室にも慣れてきて、子ども達から話しかけてくることも多くなり嬉しく思います。出席カードのシールを貼ったり、朝のうたを歌ったり、手遊びをしたり、半年後の入園に向けて子ども一人ひとりがそれぞれ成長していることを感じました。

     

    そして、今回のひまわり教室では廃材あそびを中心とした造形展にちなんで、「新聞を使ったあそび」をしました。

    新聞を大きく広げてみたり、たたんで小さくしてみたり、丸めたり、やぶってみたり、、、最初は緊張していた子も、自分の動きに合わせて出る「ぐしゃぐしゃ」「びりびり」という音に思わず笑顔がこぼれ、全身を使って楽しく遊べましたね!

    その後も、「見てみて!かっこいい剣ができたよ!」「お姫様のスカートを作ったの!かわいい?」と見立てあそびをしてみたり、「このボール、ぎゅっぎゅってにぎると、すごいスピードがでるんだよ!」とボールの投げ合いっこをしてみたり、「ちぎれないように、そーっとそーっと」と新聞をりんごの皮を剥くように細長くちぎってみたり、お母さんやおばあさんと一緒に相談しながらたくさんのあそびを見つけることができました。

    今回はできませんでしたが、絵の具で色をつけた新聞を使ってみたり、テープやのりでくっつけたり、シールを貼ってみるなど工夫をすると、もっと遊びが広がりそうですね。

    最後は、みんなで新聞を折って帽子を作りました。実際に頭にかぶることができるので、子ども達もニコニコ笑顔でした。

     

    子どもの成長にとって大切なおもちゃですが、市販で売られているものも魅力的ですよね。でも、廃材で作った手作りおもちゃは自分で作った達成感や喜びを感じるだけでなく、手先を使うことで子ども達の発育を手伝ったり、協力し合ったり物を大事にする気持ちが芽生えたりと情緒発達にも良い効果がみられると思います。

    廃材をゴミに出す前に、切ったりつなげてみたり色々試して、是非お子様と一緒に廃材あそびを楽しんでみてくださいね!

  • 障害物走

    • 年長
    2019年10月11日

     10月11日(金)

    年長児が、体操の時間に、障害物走をしました。

    前日から楽しみにしていた子ども達。「早くやりたーい!」

    「できるかな?」ちょっと不安な表情の子も・・・

    『よーい、スタート!!』

    網をくぐって・・・

    「帽子がひっかかって進めないよ~」

    やっと出れた。

     

     

     

    次は跳び箱です。

    いつも体操の時間にやっているけど、難しい・・

    先生が横について見守ってくれていたので安心して跳べましたね。

     

     

     

      鉄棒は、「何まわりでもいいの?」と、前回り、逆上がり、

    足抜き回り、尻抜き回りと得意な回り方をしていました。

    逆上がり補助器もあったので、自分で選んで挑戦していました。

     

     

     

     

     最後はジャンプして景品をとります。

    「なかなか届かない・・・」

    見ている子ども達も、「がんばれー」と声援を送っていました。

    「どれにしようかなぁ・・・」と自分で選んで、下からねらいを定めて

    ジャンプしている姿も微笑ましかったです。

     

    「もう一回やりたいよ~」「楽しかった!」と子ども達。

     

    運動会も終わり身体も心も大きくなりましたね。

    お部屋では、友達と消しゴムのキャラクターを

    見せ合いっこして盛り上がっていました。

  • 9/17、9/19の第4回ひまわり教室

    2019年10月02日

    先日の第4回ひまわり教室の様子をお伝えします。

    第4回のひまわり教室では”うんどうかい”をしました。久しぶりの教室ということもあり少し緊張した様子のお友だちや、夏休みの思い出話をしてくれるお友だちなどさまざまでした。

    夏の間に心も身体も成長した子ども達に会えて微笑ましく嬉しく思いました。

    ”幼稚園に入ったら・・・”という期待と身体を動かすことの楽しさを感じてほしい、そんな思いの下、うんどうかいを始めました。

    わっかをまたいだり、トンネルをくぐったり、お父さんお母さんと一緒にペンギン歩きをして最後は、先生の所まで走って、ぎゅ~してゴールをしました。みなさんよく頑張りましたね!

    順番を待っている間やゴールしてからお友だちを応援している間の子ども達のドキドキや達成感を、ご家族の皆様と共に感じることが出来ましたこと、嬉しく思います。

    来年、年少さんとして迎える運動会が今から楽しみです。